ワキガと食事

日本人のワキガ発生率は10~15%。
比べて欧米人は80%以上。

人種によってワキガの発生率が違うのは、
食生活の違いからくるとも言われています。

肉類や乳製品などに含まれる脂肪成分は、
アポクリン腺を活性化させ、ワキガの臭いを強める傾向があるようです。

食事を変えたからといって、ワキガが完治する事はありませんが、
あまりに偏った食生活をしている人は改善の余地がありそうです。