ボトックス・ディスポート注入法

注射だけでOK

ボトックス・ディスポート注入法は、軽度のワキガや多汗症の治療に最適だとされています。ワキガを完全に治療するには、切開を必要とする手術が確実ですが、症状が酷くないワキガの場合や手術には抵抗がある方は、是非注射だけでOKのボトックス・ディスポート注入法をお試し下さい。

汗の分泌が抑制されます

ボトックス・ディスポート注入法では、患部に専用成分を注射することで、汗の分泌をコントロールする神経をブロックします。注射後は汗の分泌が抑制されますから、発汗率の低下に伴い、異臭も緩和される効果が期待できます。施術してから3~4日で効果が発揮され、個人差もありますが、3ヶ月から半年ほどは発汗が抑制されます。

痛みも無く治療時間も10分程度

基本的に注射は麻酔無しで行なえるほど過度の傷みは伴いませんが、特に痛みに敏感なら、医師に相談してテープタイプやクリームタイプの麻酔で処置して貰えます。通院する必要もなく、治療時間も10分程度で終わりますし、妊娠中の方以外はどなたでも施術できます。 定期的に注射を打つ必要がある治療法になりますが、2回目以降の再注入は割引料金で受けられるクリニックも多いようです。クリニックによっても施術料金は異なりますが、大体10万円前後が相場になっています。