アクポリン腺・エクリン腺

アポクリン腺とエクリン腺

ワキガを知る上で欠かせないのが、アポクリン腺とエクリン腺の知識です。汗をかかない人間はいませんし、どんな方でも発汗後汗を一定時間放置しれおけば「汗くさい」状態になります。 けれどワキガの方の体臭はいわゆる汗臭さとはまた異なり、腐敗臭のような独特な異臭がします。 腋にはアポクリン腺とエクリン腺という2種類の腺が存在しますが、普通の汗を出すのはエクリン線です。エクリン腺から分泌される汗の99%は水分で、残り1%の成分もほとんどは塩分だけです。

ワキガの原因はアポクリン腺

一方、異臭の原因となる分泌分を出すのがアポクリン腺で、こちらは腋の下や陰部、乳輪など局部的に存在します。形状も、エクリン腺からの汗はサラサラしていて無色透明ですが、アポクリン腺からの分泌物は乳白色をしていて、多少の粘り気があります。成分も脂肪や脂肪酸、アンモニアや蛍光物質、鉄分といった異臭の原因物質を多く含み、発汗後細菌などによって分解されると同時に強烈な異臭を生じます。 アポクリン腺は腋以外にも存在しますが、特に腋の下を中心に異臭がするのは、腋の下が常に閉じられ、密閉状態にあるからです。 軽度の方なら洋服を着ている状態なら臭いが外に漏れないこともありますが、アポクリン腺が過度に発達している方だと服の上からも異臭がします。