ワキガについて

ワキガとは

ワキガの正式名称は「腋臭症」で、腋、もしくは陰部から特有の臭いが慢性的に放たれる病気です。臭いの程度や種類には個人差がありますが、かなり強烈な臭いであることが多いのが特徴です。それなのに案外ワキガの方は病気を自覚していないケースも珍しくありません。

ワキガを自覚できない原因

それはワキガが遺伝的要素の強い病気なので、家族や兄弟も同じ病態であることが多いことが指摘されています。元々自分の体臭は冷静に判断するのが難しい上に、小さい頃から異臭に慣れてしまい、異常だと感じにくいようです。きつすぎる香水をつけてしまっている方も、自分ではにおいに慣れてしまって「きつい」とは感じていませんよね。

ワキガと多汗症の違い

ちなみに、同じ病気だと誤解されることの多い多汗症とワキガは別物で、多汗症の方は通常よりも発汗率が高い傾向にありますが、必ずしも異臭を伴うとは限りません。汗はかいた直後は臭いません。かいた汗が空気に触れて酸化することによっていわゆる汗くさい状態になりますから、発汗後きちんとケアすることで対応できます。 一方ワキガはアポクリン汗腺からの分泌物と細菌が混ざり合うことで、汗の量や時間の経過に関らず、異臭が発生します。程度が軽ければこまめに汗を拭くなど衛生状態に気をつけることで臭いは緩和しますが、やはり手術など外科的処置を行わない限り、完治は難しい病気です。

ワキガのチェック法

自分でワキガかどうかをチェックするには、耳の垢の状態を調べるのが一番です。常に湿っていて異臭を伴うような場合、ワキガの疑いが濃いでしょう。

乳首 黒ずみ